アトマイザー Aspire Triton Mini 使ってみました|レビュー

Triton Mini

早速、別のアトマイザーを買ってしまいました。
これだけで、4,000円位。結構痛い出費。
海外通販も確認したけど、以外と高く30ドル程度したので、普通に国内のショップで買ってしまいました。

付属コイルの抵抗値が 1.8Ω、クラプトンコイル ということで、なにやら味重視らしいですが…。

Triton Mini
早速バラバラにしました。右3つの真ん中(トップフィル)は開けにくかったです。

トップフィルを開けるのに一苦労

Triton Mini
トップフィル(真ん中)に、横の溝入ってるけどなんでだろう。
溝の上はドリップチップ(右)なのでさらに外れます…。
見た目は良いかもしれないけど、引っ掛かりがなくて滑って開けづらい。閉めるときも同様でした。
なれれば開け閉めはなんなくできそうです。

ジュースホールが小さくて入れにくい

aspire Triton Mini
漏れにくい構造になっているのだと思いますが、
リキッドの粘度によっては、小さな穴に膜を張ってしまって、
リキッドがなかなか入っていかずに、若干イラっと。

結局付属のアトマイザーで充分

ほんの少し使ってみた印象ですが、いまのところは付属のアトマイザー(MELO III Mini)で充分です。

Aspire Triton Miniの
良いと思った点

  • コイルにリキッドを一時的に供給しないように、リキッドがコイルへ流れ込む穴を塞げる
  • 形は良い

悪いと思った点

  • トップフィル(リキッド入れる時に開ける部分)が開けにくかった
  • リキッドの入れ方・粘度よっては、なかなか穴から入っていかない…
  • エアフローの設定幅が狭いので全開でも微妙な感じ
  • MELO III Miniと風味を比べてもそれほど大きな違いが無い(クラプトンコイルに期待したが…味についてはリキッドによるかも…)
  • 付属の1.8Ωクラプトンコイルの推奨ワット数の13〜16Wだと若干物足りない
  • 吸い方・季節の問題か、ジュルジュル率が高い気がする(早速検索、どうやら結露した水蒸気らしい)

など

これ買うなら、リキッド3〜4本位買った方が良かったかも。
ジュルッたりしたので、2日目でさっそく分解洗浄してます…。

コメントを残す

(*) Required, Your email will not be published

CAPTCHA